多分毎日かかった目的地だけど地球を感じられたケニア旅が驚き

わたしは観光が大好きですが、なんだか好きなところにはいけません。今までわたしが言う観光の中で、最も感動したのは、ケニア観光です。ケニアのマサイ村国立公園への観光でした。
日本からケニアの首都ナイロビまで、一年中くらいかかります。航空機の交換をしなくてはいけないのです。
私の場合は、シンガポール乗換えて、ドバイで乗り継ぐといった2回入替なくてはいけません。
ナイロビからマサイ村まで、ちいさな航空機でいくのですが、そこからもう非現実のファンタジーというナショナリズムが始まるのです。空港はアスファルトなど無く、土地なのです。航空機も日本には絶対に弱い、古くてよくわからないものです。そういった航空機に乗ってマサイ村に向かいますが、航空機の窓から下位を覗くと、キリンが走っていたり、像がいたり行なう。家は何も無く、全品当たり前から作られたものだけなのです。
そうして、航空機はマサイ村国立公園に到着します。そうしてジープに乗って宿泊直後へと通うのですが、ここからもキリンの下を車種が走り、像の群生がぶらりと現れたりと人生自然のです。宿泊直後はまぶしいロッジで、夕食も特別なことはなく普通に美味く食べれる夕食でした。
次の日から、サファリレジャーといって早朝に公園の中を車種で散策します。なんで未明なのかというと、ライオンを始めアニマルの狩りの時間が夜間で、早朝に食べていらっしゃる風貌が見られるということなのです。そうして遭遇したのです。ライオンがシマウマを食べておる風貌を。断然現在だに忘れられないのは、シマウマの骨を砕く響です。こうやって生命をつないでいるんだと思ったら、シマウマからの本心、ライオンからの本心と考えると当たり前だからとしか効くみたいがありません。大切力を捉え、そして、晩、忘れることができないのが、星です。地球から言える星はこんなにあるんだと知ったシーン、信じられないくらい明るく、これが地球なんだと感動したのです。
帰国後は、やはり日本のライフスタイルは繁栄で避けられませんが、ケニアの当たり前が地球の本来の風貌というのかもというと、日本はちょっと心残り国ではとも思ってしまいました。即エッチしたいなら割り切り女子を狙うべし

多分毎日かかった目的地だけど地球を感じられたケニア旅が驚き